【ストフェス2020】中止!!リストバンド代は返金されるのか?

2020年3月15日(日)に開催予定の第16回日本橋ストリートフェスタ 2020 が、新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されている状況を踏まえ中止されることが発表されました。

このニュースを受け、既に購入したコスプレ参加証リストバンド代とカメラ参加証ストラップ代は返金されるのか調べてみました。

Sponsored Links
目次

ストフェスは中止と発表

日本橋ストリートフェスタは、毎年20万人以上が来場する大規模なイベントです。

公式ホームページによると、多くのコスプレ参加者の方々が更衣室を利用される事情などを踏まえ、万が一の事態に備えて中止するとの判断に至ったようです。

また、日程変更などの代替開催も行われないとのことです。

そして、気になるリストバンド代とストラップ代の返金についてですが、公式ホームページに『第16回日本橋ストリートフェスタ中止に関するお知らせ』として次のように記載がありました。

既にコスプレ参加証リストバンド&カメラ参加証ストラップをお買い求めの方につきましてのお取り扱いに関しましては、後日改めて公式ホームページにて対応を発表させていただきます。

日本橋ストリートフェス

こちらを読む限り、返金の余地はありそうです。

しかし先日、同様に新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を懸念して、一般ランナーの出場中止が発表された東京マラソンでは、参加料は規約通り返金なしとなり大きな話題となりました。

これを踏まえ、日本橋ストリートフェスタ 2020 の規約も確認してみましょう。

ストフェスの返金に関する規約

日本橋ストリートフェスタ

こちらを確認すると、

主催者の責によらない事由(地震・風水害・積雪・事件・事故・疫病等)でイベントが中止となった場合、参加料等の返金は一切行いません。

とあります。

新型コロナウイルスは疫病等に当たりますので、規約通りだと返金はなしということになるでしょう。

Sponsored Links

ストフェス中止に伴う返金についてのまとめ

2020年3月15日に開催予定だった第16回日本橋ストリートフェスタ 2020 は、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念により中止となりました。

それに伴い、すでに購入したリストバンド代が返金されるのか調べてみました。

つい先日、同様の懸念から一般ランナーの出場が中止となった東京マラソンでは、参加料は規約通り返金なしとなり、大きな波紋を生みました。

日本橋ストリートフェスタの規約にも「疫病等でイベントが中止となった場合、参加料等の返金は一切行いません。」とあります。

しかし、現時点では「返金は行いません」と断言されておらず、公式ホームページの中止の案内文の中にリストバンド代については「後日改めて公式ホームページにて対応を発表させていただきます。」と記載されているのみです。

リストバンド代が返金されるかどうかについては、公式サイトでの発表を待つしかありませんが、何よりも新型コロナウイルスの感染がこれ以上広がらないことを願います!!

— 2020年3月23日追記 —

公式サイトによると、コスプレ参加証リストバンド及びカメラ参加証ストラップ代の返金処理が実施されるとの事です。

返金対応期間:2020年3月23日(月)~4月15日(水)、5月10日(日)/ 11:00~19:00

返金対応箇所:日本橋総合案内所(大阪市浪速区日本橋5-9-12)

— 2020年4月15日追記 —

公式サイトによると、政府の緊急事態宣言を受け、日本橋総合案内所を臨時休業とし、返金対応も一時休止とするそうです。

それに伴い、返金期間を2020年5月11日(月)から5月31日(日)まで再延長するとのことです。

政府の緊急事態宣言の状況により、さらに臨時休業期間が延長となる場合もあります。

詳しくは、公式サイトよりご確認ください。

Sponsored Links
目次
閉じる