【東京マラソン2020】一般ランナー出場中止決定で参加料は返金されるのか?

2020年3月1日開催の東京マラソンについて、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、主催する財団と東京都は、本日(2月17日)一般ランナーの出場を取りやめ、エリート選手のみで実施することを決定したと発表しました。

このニュースを受け、一般ランナーがすでに支払った参加料は返金されるのか調べてみました。

Sponsored Links
目次

一般ランナーの出場中止が決定

新型コロナウイルスが猛威を振るっていることを受け、市民からも中止を求める声の多かった東京マラソンですが、本日(2020年2月17日)、主催する財団と東京都は下記の通り一般ランナーの出場を取りやめることを決定しました。

新型コロナウイルスの感染が国内で拡大していることを受け、東京都内で3月1日に開催される「東京マラソン」の主催団体は、約3万8000人に上る一般ランナーの出場を取りやめることを決めた。

東京マラソンは2007年に始まり、毎年100万人規模の観客が沿道に集まる国内最大規模の市民参加型マラソンとして親しまれてきた。

大会は東京五輪男子マラソンの代表選考会も兼ねており、今回の出場者は日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)、設楽悠太(ホンダ)両選手ら200人程度の異例の大会となる見通しだ。

読売新聞オンライン

一般ランナーの参加料

東京マラソンの参加料は、下記の通りです。

  • マラソン・・・国内 16,200円、海外 18,200円
  • 10キロ・・・・国内 5,600円、海外 6,700円

大会まで既に2週間を切っていますが、これらの参加料は返金されるのでしょうか?

一般ランナーの参加中止が発表される2日前の2月14日には、中華人民共和国在住者に対し、東京マラソン2020の公式ホームページにて次のような案内がされていました。

Sponsored Links

中華人民共和国在住者への措置

2020年2月14日、東京マラソン2020の公式ホームページにて、中華人民共和国在住で参加できなかった方への措置として、下記の通り返金ではなく、来年の東京マラソン2021にエントリーする場合の参加料を免除することを発表しています。

2月6日(木)、中華人民共和国在住者(2月1日時点エントリー情報の住所)(国籍を問わず)で、日本に渡航できない、もしくは渡航を取りやめたため東京マラソン2020に参加できなかったランナーの方に対する措置についてご案内させていただきましたが、この度、東京マラソン2021にエントリーする場合、参加料を免除することとしましたのでお知らせします。

現在、日本政府では、入国制限に係る対象地域を中華人民共和国湖北省以外に拡大し、中華人民共和国在住の皆様へのビザの発給を停止するなど一層の制限を課している状況であり、今後も、日本への渡航を見送らざるを得なくなる方々が多数発生するなど混乱が予想されます。

中国在住の皆様におかれましては、今回の措置を踏まえ、東京マラソン2020への参加を自粛していただきますようよろしくお願いいたします。

東京マラソン2020

では、次にエントリー規約を確認してみましょう。

東京マラソン2020・エントリー規約

東京マラソン2020のエントリー規約には、次のように記載されています。

積雪、大雨による増水、強風による建物等の損壊の発生、落雷や竜巻、コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合、関係当局より中止要請を受けた場合、日本国内における地震による中止の場合、J アラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)は、参加料のみ返金いたします。

なお、それ以外の大会中止の場合、返金はいたしません。

東京マラソン2020
Sponsored Links

一般ランナーへの返金はされるのか?

一般ランナーの方が支払った参加料の払い戻しなどは今後、財団が検討を続けるとされ、中華人民共和国在住の方への措置として、返金ではなく来年行われる東京マラソン2021への参加料が免除される方法が取られました。

また、上記のエントリー規約を確認すると、今回のケースは『それ以外の大会中止の場合』に該当し、返金はないように読み取れます。

そして、本日(2020年2月17日19時40分現在)東京マラソン2020の公式ホームページを確認すると、下記のとおり参加料及びチャリティ寄付金は返金されないと掲載されていました。

措置内容

今回限りの措置として、翌年の東京マラソン2021に出走することを可能とします。

東京マラソン2021にエントリーする場合には、別途参加料の入金が必要となります。

東京マラソン2020の参加料及びチャリティ寄付金は返金いたしません(募集要項のエントリー規約に基づきます)。

東京マラソン2020シグネチャーTシャツ購入者には、2020大会終了後Tシャツを発送いたします。

東京マラソン2020

返金なし決定後のネットでの反応

参加料の返金なしの発表を受け、Twitterでの声をまとめてみました。

Sponsored Links

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一般ランナーの参加中止が決定した東京マラソン2020ですが、募集要項のエントリー規約に基づき、参加料は返金されないことが決定しました。

とても残念ではありますが、新型コロナウイルスの感染被害を抑えるための致し方のない決定だったのではないでしょうか。

なによりも、新型コロナウイルスの感染拡大が1日でも早く収束されますことを祈っています。

Sponsored Links
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる