【最新情報】熊本・球磨川氾濫による緊急放流についてのまとめ

2020年7月4日、大雨特別警報が発表されている熊本県で球磨川が氾濫しています。

こちらでは、下記の避難する際のポイントについてまとめています。

  • 浮き具の準備
  • 避難の際に履いていく靴

併せて、球磨川の現状についてもお伝えしていますので、身の安全にお役立てください。

Sponsored Links
目次

市房ダムを緊急放流?

市房ダムが午前9時30分頃から緊急放流される予定でしたが、午前8時45分、いったん見合わせると発表されています。

浮き具の準備を!!

川の流域にお住まいなら、すぐに避難所へ避難しましょう。

その際、衣類などをビニール袋に詰めて、リュックサックに入れて常時携帯

万が一水が襲って来た場合、リュックサックが命を守る緊急浮き具になるそうです。

詳しい作り方についてはこちらの記事をご参照ください。

Sponsored Links

長靴よりも履き慣れた運動靴を!!

冠水時の避難の際は、長靴よりも履き慣れた底の硬い運動靴を履きましょう。

ただし、水がひざ上まで来ている場合の避難は危険です。

  1. 冠水時の移動は、長靴より履き慣れた運動靴を履く
  2. ゴミ袋を履き、その上から靴下を履いて膝をガムテで押さえると脚が冷えことや濡れることを防ぐことができる
  3. つえで足元を確認しながら蓋のないマンホールや側溝に留意して移動する
  4. コロナ時代は、遠くの避難所より近くの安全な建物の2階へ(垂直避難)

詳しくは、こちらをご覧ください。

球磨川氾濫の現状

https://twitter.com/momoirosgk/status/1279193535644749824
https://twitter.com/125ikmn/status/1279199337994567680
Sponsored Links
目次
閉じる