『六花亭』札幌本店で喫茶室限定スイーツを食べてきました

『六花亭』といえば『マルセイバターサンド』が有名ですね。

六花亭さんのスイーツは、オンライン通販で購入することもできるのですが、北海道内にある喫茶室では限定のスイーツを味わうことができます。

先日札幌に伺った際に、札幌本店と帯広本店でしか食べられないという『マルセイアイスサンド 』を食べてきましたので、その様子をレポートしたいと思います。

Sponsored Links
目次

『六花亭 札幌本店』へのアクセス方法

私が今回訪ねた『六花亭 札幌本店』は、JR札幌駅南口から徒歩3分の所にあります。駅を出ると右側に見えるので、すぐに分かると思います。

六花亭

2階の喫茶室へ

六花亭 札幌本店は、1階が店舗で2階が喫茶室になっています。

1階店舗内にあるこちら()の素敵な階段を昇って2階に上がります。

六花亭

画像左手にスーツケースが見えます。大きな荷物も置かせてもらえるので、旅行中でも安心ですね。

(エレベーターもあります。ご利用される際は、販売員の方に声を掛けてからにしましょう。)

六花亭

私たちがお邪魔した時は満席でした。上の画像()右手の椅子に座って待ちます。

時間のない方は、同じく2階にあるイートインスペースを利用することもできます。

イートインスペースはスタンドテーブルなので椅子はありませんが、こんな感じ()で食べられます。

六花亭
イートインスペース(スタンドテーブル)

喫茶室で頼むと356円(お菓子付き)のコーヒーですが、イートインスペースでは、102円で購入できます。

六花亭

喫茶室で注文して、待っていると・・・『ハ〜ピバ〜スデ〜トゥ〜ユ〜』の歌声が。

お誕生日に来店された方は、ケーキとドリンク、そして希望される場合はコーラスまでプレゼントして頂けるそうです!!(証明書の提示が必要です。)

六花亭

そして、上の画像をみて何か気付きませんか?

そうです! クッションカバーが、六花亭の代名詞にもなっている、あの包装紙の花柄なんです!!

1階の店舗では、こちらのクッションカバーやクリアファイル、シャーペン、ボールペン、マスキングテープ、メモ帳などの文具も購入することができます。

5階には、この花柄の包装紙を手掛けた画家・坂本直行氏の作品や、六花亭さんに縁のある作家の方の作品が展示されている『ギャラリー柏』さんがあります。

そんなこんなしているうちに注文したものが運ばれてきましたので、一つずつ紹介していきましょう。

マルセイアイスサンド

マルセイアイスサンド

ホワイトチョコレートとレーズンを加えられたアイスクリームが、ビスケットでサンドされた『マルセイアイスサンド 』は、ここ札幌本店と帯広本店でしか食べられません。224円。

雪こんチーズ

雪こんチーズ

ベククドチーズがココアビスケットでサンドされた『雪こんチーズ』。

イートインスペースで購入すると、包みに「2時間以内のお召し上がりがおすすめです」と書かれています。その理由は、時間が経つとビスケットのサクサク感が失われてしまうからだとか。

実際に食べてみると、さくっとしたビスケットの中にしっとりとした濃厚なベイクドチーズケーキのお味がたまりません。224円。

雪やこんこ まじりっけなし

雪やこんこ まじりっけなし

濃厚な後味のソフトクリーム。326円。

*この画像だけイートインスペースで購入したものなので、紙のカップになっています。

これらの他にも、ピザや上記以外のスイーツなどたくさんのメニューがあります。六花亭さんのホームページから「今月のおすすめ」や「今月のピザ」などを確認することができます。

六花亭公式HP(店舗案内):http://www.rokkatei.co.jp/shop/cafe.html

Sponsored Links

まとめ

六花亭

有名な『マルセイバターサンド』は何度か食べたことがありましたが、『マルセイアイスサンド』は今回初めていただきました。

北海道って、どうして美味しいものがこんなにたくさんあるのでしょうか? またいつか『マルセイアイスサンド』を食べに北海道に遊びに行きたいなと思います。

住所北海道札幌市中央区北4条西6丁目3-3
電話011-261-6666
営業時間(1階店舗)10:00~19:00
    (2階喫茶室)10:30~18:00(ラストオーダー 17:30)
Sponsored Links
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる