シュークリームが大人気の『北菓楼』札幌本館に行ってきました

子供たちと札幌を訪れた際、宿泊したホテルの近くにあった『北菓楼』さんに足を運んでみました。

北菓楼さんのシュークリームは、北海道のお土産として大人気なんだそうです。なんでも、航空会社の客室乗務員の方々が、お土産として買い込んだことから人気に火がついたのだとか。

北菓楼さんは、1991年に北海道砂川市で創業されたそうですが、今回は私たちが足を運んだ札幌本館についてご紹介したいと思います。

Sponsored Links
目次

『北菓楼 札幌本館』へのアクセス方法

『北菓楼』さんの札幌本館は、札幌の観光スポットである「赤れんが庁舎」や「大通公園」のすぐ近くにあります。札幌市営地下鉄の「大通駅」からは徒歩5分ほど、JR「札幌駅」からも徒歩10分ほどで着きます。

右側のレトロな建物が『北菓楼』さんです。背後に赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)が見えます。

北菓楼

では早速、中に入ってみましょう。

1階の店舗

1階には、和菓子から洋菓子までたくさんの商品が並べられています。まずは、1階奥のシュークリーム売り場に向かいましょう。

シュークリーム売り場

北菓楼,シュークリーム売り場

私たちは14時頃に訪ねて、ジャンボシュークリームの『北の夢ドーム』、ジャンボパイシューの『夢不思議』、ちぎりシューの『ピスコット』の3種類を購入することができました。

札幌本館限定のクロワッサンシュー『夢句路輪賛(ゆめくろわっさん)』は、残念ながら完売でした。

リベンジの為、翌日11時頃に訪ねてみたら、『夢句路輪賛』も購入することができました!!

購入したシュークリームは、売り場の隣にあるベンチに座って食べることができます。私たちが伺った際は、お茶まで配っていただきました。

では、1つずつ紹介していきましょう。

北の夢ドーム

北の夢ドーム

ジャンボシュークリームの『北の夢ドーム』は、サクっとしたシュー生地の中に、カスタードクリームと生クリームがたっぷりと入っています。それなのに、全然くどくありません。

冒頭に書いた、航空会社の客室乗務員の方々が、お土産として買い込んだことから人気に火がついたというシュークリームがこの『北の夢ドーム』です。1個180円。

夢不思議

夢不思議

ジャンボパイシュー『夢不思議』は、何層にも重ねて焼き上げられたパイ生地の中に、カスタードクリームと北海道産の生クリームがたっぷりと入っています。1個180円。

ピスコット

ピスコット

白いパンのような見た目のちぎりシュー『ピスコット』は、チーズが練りこまれた生地の中に、カスタードクリームがたっぷりと入っていて、手にするとずっしりとした重みを感じます。

塩気のきいたもっちもちの生地で、さっぱりとした味わいです。その名のとおり、生地をちぎって中に詰まったカスタードクリームをつけて食べるのだそう。1個197円。

夢句路輪賛

夢句路輪賛

札幌本館限定のクロワッサンシュー『夢句路輪賛(ゆめくろわっさん)』は、クロワッサン生地が使われた新提案のシュークリーム。

北海道産の小麦を使ったサックサクの生地の中に、特製のカスタードクリームがたっぷりと入っています。1個180円。

北海道開拓おかき

次に、シュークリームと並ぶ人気の『開拓おかき』を紹介します。

開拓おかき

北海道開拓おかきは、米とぎから味付けまでの工程を、なんと7日間もかけて丁寧に作られているのだそうです。素材も、良質な北海道産にこだわられています。

味は、『函館いか』『増毛甘エビ』『標津秋鮭』『枝幸帆立』『えりも昆布』『白糠柳だこ』『白老虎杖浜たらこ』の7つの定番商品と、期間限定商品があります。

試食もそれぞれのお味が用意されていて、我が家の子供たちが特に気に入ったのは『いか』『帆立』『タコ』味でした。どれを選んでも魚介類の濃厚な旨味に手が止まらなくなります。1袋440円。

他にも、最初にご紹介した以外のシュークリームやシフォンケーキ、バウムクーヘンやチョコレートなどたくさんのスイーツがあり、試食をしながら選ぶことができます。

お土産選びが済んだら、今度は2階に行ってみましょう。実は、2階はカフェになっていて、ランチとスイーツをいただくことができるのです!!

Sponsored Links

2階のカフェ

シュークリーム売り場の奥にある階段を昇ります。

北菓楼
北菓楼

後ろを振り返ってみるとこんな感じ。

北菓楼

とても素敵ですね!!

実は、この『北菓楼』さんの札幌本館の建物は、大正15年に行啓記念北海道庁立図書館として建てられたものを、2016年3月、建築家の安藤忠雄氏のデザインにより『北菓楼札幌本館』としてリニューアルしたものなのだそうです。

2階に上がるとこんな感じです。

北菓楼
北菓楼

東西の壁面には約6,000冊の本が並んでおり、カフェ利用者は自由に読むことができます。また、不定期でコンサートなどのイベントも開催されているそうです。

お食事は 11:00 から 14:00 までで、フリー Wi-fi を利用することもできます。

では、早速ランチを注文してみましょう。

北菓楼自慢のオムライス

北菓楼自慢のオムライス

きのこと北海道産の牛肉を炒めた醤油味のオムライス。卵も地元産の自然有精卵を使用。とろとろの半熟卵が美味。1,100円。

野付の帆立のスパゲティ

野付の帆立のスパゲティ

野付産の大きなホタテがゴロゴロ盛られたスパゲティ。クリームソースもホタテ風味でホタテ三昧。1,100円。

ケーキセット(ドリンク付き)

ケーキセット

シフォンケーキ+ソフトクリーム+お好きなケーキ1品+お好きなドリンク1杯がついたお得なセット。シフォンケーキのふわっふわな食感がたまりません。917円。

まとめ

たまたま立ち寄った『北菓楼』さんの札幌本館ですが、スイーツやランチの美味しさはもちろん、その素敵な建物の佇まいにすっかり魅了されてしまいました。

あなたも札幌観光の際には、ぜひお立ち寄りになってみてはいかがでしょうか?

住所北海道札幌市中央区北1条西5丁目1-2
地図
電話番号0800-500-0318
営業時間(1階店舗)10:00~18:00
    (2階カフェ)10:00~17:00(ラストオーダー 16:30)
食事は11:00~14:00迄
Sponsored Links
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる